禁煙に挑むなら、禁煙補助薬のチャンピックスを強くお勧めします。飲みやすく、成分にニコチンを含んでおりません。また健康保険適用ですので、費用の負担を軽減する事ができます。是非、当サイトにてチャンピックスを知り、お試しください。

タバコとライター

「禁煙したいけれど、これまで何度も失敗した」という方は多いことでしょう。
そんな方にも禁煙成功率が高いと評判なのが、チャンピックスという禁煙補助薬です。
他の禁煙補助薬とはどう違うのか、なぜチャンピックスの禁煙成功率は高いのかをご説明します。
まず、タバコを吸うと、ニコチンが脳内のニコチン受容体という部分に結合して、快感を生じさせる物質(ドパミン)が放出され「美味しい」と感じます。
ニコチンガムやニコチンパッチなどニコチンを含有する禁煙補助薬は、タバコの代わりにニコチンを補充してイライラなどの症状を抑え、量を減らしていくことによって最終的な禁煙を目指しています。
それに対しチャンピックスはニコチン非含有であり、主成分がニコチン受容体に結合してニコチンの場合より少量のドパミンを放出させて、イライラなどのニコチン切れ症状を抑えます。
また同時に、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔して、禁煙中にタバコを吸ってしまったときの「美味しい」という満足感を感じにくくすることもチャンピックスの特徴です。
禁煙を開始する1週間前から0.5mg錠を1日1回服用しはじめ、4日目から0.5mg錠を1日2回と徐々に服用量を増やしていきます。
はじめの1週間はタバコを吸ってもかまいませんが、8日目から禁煙を開始します。
服用量も1mg錠を1日2回へと増量し、途中で禁煙が成功したと思っても中断せず、約3ヶ月を目安に服用を続けます。
このように、チャンピックスはニコチン以外の成分でニコチンの禁断症状を抑え、同時に喫煙による満足感を得られにくくして禁煙を促すという2つの効果を持つため、禁煙成功率が高いと言われています。
これまで禁煙を断念した方も、チャンピックスでしっかり禁煙してみませんか。