禁煙に挑むなら、禁煙補助薬のチャンピックスを強くお勧めします。飲みやすく、成分にニコチンを含んでおりません。また健康保険適用ですので、費用の負担を軽減する事ができます。是非、当サイトにてチャンピックスを知り、お試しください。

  • ホーム
  • チャンピックスは個人輸入ならば処方箋いらず

チャンピックスは個人輸入ならば処方箋いらず

タバコを折る人

禁煙をするにはタバコを止める必要がありますが、ニコチン依存症は麻薬のようなものと言われ、簡単にタバコから離れることはできません。
そこでニコチンから離れることができるように開発されたのが禁煙補助剤で、従来はニコチンを代わりに補給することでタバコへの欲求を抑えるものでしたが、その後に開発されたチャンピックスはニコチンを一切使用せずに、禁煙が成功する飲み薬となっています。
チャンピックスは医師の処方薬となっているので、購入するには医療機関でニコチン依存症と診断され、禁煙を開始することが条件となります。
禁煙治療は健康保険が適用されることも多く、治療費の負担額が3割で済むこともありますが、条件が合わない場合は自由診療として全額負担になることもあります。
実費で購入するとチャンピックスは非常に高価となり、3ヶ月分の処方で40,000円以上の料金となり、さらに処方箋の代金がプラスとなります。
処方箋は医師や病院が責任を持って販売する証明書のようなものであり、日本では処方箋がないと医薬品を購入することはできません。
そのため、チャンピックスは処方箋が必須となりますが、個人輸入で購入する場合は海外からの取り寄せとなるため、日本の医療制度が適用されず処方箋が不要となっています。
個人輸入では健康保険が使えませんが、病院で医薬品を自由診療で購入するよりも安く買うことができることもあり、保険が適用されない治療薬を購入する人の多くは個人輸入を利用しています。
薬事法についても個人輸入は個人で使用する範囲内であれば認められるので、違法にはならずに合法的な入手ができます。
処方箋は医師の診察を受けなければ出されないので、個人輸入ならば処方箋だけでなく診察も不要となって無駄を省いた購入が可能です。

サイト内検索
人気記事一覧