禁煙に挑むなら、禁煙補助薬のチャンピックスを強くお勧めします。飲みやすく、成分にニコチンを含んでおりません。また健康保険適用ですので、費用の負担を軽減する事ができます。是非、当サイトにてチャンピックスを知り、お試しください。

  • ホーム
  • チャンピックスは健康保険適用

チャンピックスは健康保険適用

タバコとライター

チャンピックスはバレニクリンを有効成分にした、ニコチンを使わない禁煙補助剤です。
バレニクリンがニコチン受容体に結合することで、タバコを吸った時に満足感を得られないようにした飲み薬で、12週間の禁煙治療を正しく行うと、成功率は5割以上と言われています。
このチャンピックスは医師の処方薬となっており、従来のニコチン置換療法で使う治療薬のように、近くのドラッグストアなどでは購入することができません。
購入には医療機関で禁煙治療を受ける必要があり、医師が必要と判断した時のみ処方されるようになっています。
禁煙外来は公的な医療制度が使用できるので、治療費の負担額が3割で済む健康保険が適用されます。
禁煙外来では診察料、ニコチン管理料、処方箋料、チャンピックスの薬代とありますが、その全てに健康保険が使用でき、12週間の間の治療代の全てが3割の負担だけで済むというものです。
ただし、健康保険が適応されるのはいくつかの条件が定まっており、ニコチン依存症のテストで5点以上を取ること、年間の喫煙本数が一定以上であること、その他の要件を満たすと可能となります。
前回の治療で保険を使って治療を受けた場合、再喫煙して次に保険を使った治療を受ける場合は前回の治療から1年以上経過していないと、保険再算定が認められないため、何度も受けることはできなくなります。
また、健康保険を使用して禁煙の治療ができる病院にも、いくつかの条件が必要となっているので、全ての病院で保険が使えるというわけではないので注意しましょう。
保険を使用せずに自由診療で治療を受けた場合は、12週間で64,000円前後の費用がかかりますが、保険が適用されると19,000円前後と安くなるので、これから禁煙をしようと考える人は、まず健康保険を使った治療ができる病院であるか確認してから受けると良いでしょう。